スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

プレストブーケが出来るまで Vol.3

2007.12.31 Mon
子供の頃、本に四葉のクローバーを挟んで押し花に・・・
なんてご経験をもつ方も、いらっしゃるのでは。

本格的なプレストブーケも、やり方はそれと同じ。
本の代わりに、専用の「乾燥シート」を用います。

とはいえ、ただ挟めばよいという訳ではありません。
いかに素早く水分を抜き乾燥させるかが、
美しい押し花にする為の最大のポイント。
その為の処理を、花材に合わせて施してからプレスします。

例えばバラであれば、花びらは一枚一枚ばらして、
茎は縦に半分に割って・・・という具合。

今回のカラーの場合は、正面向きや横向きなど
表情にバリエーションを持たせながら、
見えない裏面は削ぎ、芯の部分も取り外します。

カラーの処理

ヒペリカムは、実の部分を半分にカットして中身をかきだし、
このまま押すと潰れてしまうので、詰め物をします。
以前は詰め物に紙粘土を用いていましたが、
紙粘土はそれ自体に水分を含み、
押し上がりに時間がかかって茶ばむ原因になるので、
今回は、ティッシュを小さく丸め一つ一つに詰めました。

ヒペリカムの処理



テーマ:押し花 | ジャンル:趣味・実用 |
カテゴリ:プレストブーケ | コメント(2) | トラックバック(0) | top↑ |
<<プレストブーケが出来るまで(Vol.4) | ホーム | プレストブーケが出来るまで Vol.2>>

コメント

syaraさまへ

明けましておめでとうございます。

本当に昨年はびっくりでした(笑)
syaraさまは、デザイナーとしてのお仕事開始も同時期でしたので、勝手ながら、ご縁を感じさせて貰っていますv-254

本年もsyaraさまのブログ、ちょくちょく寄らせて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。
- | kumi | URL | 2008.01.07(Mon) 19:10:45 | [編集] | top↑ |

明けまして おめでとうございます。

昨年は、偶然 同じ時期にブログを始めて、お互いにビックリ!しましたね(笑)
今年もブログ楽しみにしていますよ。
kumiさまにとって、幸せな一年になりますようにv-22

プレストブーケの仕上がりも楽しみにしていま~す。
- | syara | URL | 2008.01.04(Fri) 22:38:35 | [編集] | top↑ |
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://ohanatachi.blog102.fc2.com/tb.php/16-19242c79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。